ゴルフスクールは営業マンの必須科目?

Written by Wilson Cham on 2009-09-18 -

ゴルフスクールは今、特に盛んになってきている。ゴルフ自体の若年層の活躍が著しい。女子に見てもそう言えるだろう。もう、中年やシニアの遊びではない。しかし、安く遊べるスポーツでもないことは今も昔も変わりない。富裕層のみがとは言わないが、掛かるコストは万人むけのスポーツとはまだまだ、言えないのが現状。またゴルフを社会人に置き換えるとどう映るか?


運動不足をプレイで解消する?営業等々の接待用のひとつとして必須科目に捉える人もいるだろう。また、ある程度の社会的地位を得た人ならば、対話に出るネタのひとつとしてどうしても、関わらざる得ないスポーツでもあろう。ゴルフはもともと、イギリスの紳士のスポーツで人としての資質を重視する。では、資質をクローズアップするとどうか、頭をひねざるえない人もいるのは全国どこでも同じである。


ならば、ゴルフスクールで見た場合はどうか?品格を重んじるスクールもあれば、技術重視もあろう。また。知名度をあげるためにトーナメントでの成績重視を優先するところもあろうかと。それは当然、生徒数を増やす項目に該当するが。しかし、品格が求められるスポーツであれば、答えは言わずとしれたことだがスクールといっても目的が変われば、手段も変わってくる。求めるものが得られないのであれば、去るものも多くなろう。それではスクールとして成立しなくなる。今後、紳士のスポーツを教えるゴルフスクールとして、こだわる理念が明確化しないかぎり、日本のゴルフの品格はレジャーゴルフ化していくだろう。


Posted in カテゴリ【ゴルフスクール】 | No Comments »

Leave a Comment