ウィルスが原因でできているイボは、放置せず病院で早めの治療が有効

Written by Wilson Cham on 2011-03-04 -

イボはウイルスが原因で出来るため、人へ感染する恐れがあります。
感染を防ぐために、早めのイボ治療が有効なのです。
イボ治療にはレーザーでの切除や内服薬治療、クリオという液体窒素を使った治療などがあります。
やはり一般的に自分で簡単に行えるのは、薬による治療だと思います。
イボはサリチル酸が配合された薬を塗り、イボを柔らかくして除去することができ、市販薬があります。
ただイボといっても老人性イボなど効かないものもあるので、全てにおいて万能ではありません。
市販薬で効き目を感じない場合は、他の治療法を試みるといいと思います。
イボを除去する治療にレーザーを使った治療法は、昔から行われているポビュラーな治療法で、傷跡も殆ど残らず簡単かつ綺麗にイボが取れるそうです。
殆どのイボに対して治療が可能だそうです。
またイボ治療にはレーザーの他にも、注射を使った除去法があります。
主にウイルス性のイボの除去に対し行なわれます。
ウイルスが原因で出来るイボはレーザーや液体窒素で除去してもなかなか治らないため、プレオマイシンやインターフェロンを用いて局所注射して治療を行なうのだそうです。
イボの種類に適した治療を受けることが大切で、治療は皮膚科で受けることができますが、美容外科でもレーザーを用いた除去を行なうところもあります。
皮膚科にとってイボ治療は簡単な治療のようで、大体の場合が保険適用になりますが、例外もあるようなので、きちんと病院に確認するといいと思います。
首にできるイボは皮膚腫瘍の一種で、良性のものなので特に心配はないそうですが、実は自分にもあり少し気になっています。
首イボの治療法は、小さめのものならば液体窒素による冷凍治療やレーザー治療が用いられ、大きな首イボに対してはときに外科手術で切除することもあるそうです。
皮膚の浅いところにできるため、表面麻酔を用いてレーザーで除去すれば痛みもなく簡単に取れるそうなので、むやみに自分で取って悪化させる恐れを考えると、医師の判断のもときちんと病院で治療を受けた方が良さそうです。
また大体の皮膚科で首イボの治療は保険扱いとなるので、治療費も比較的安いといえそうです。
首イボは老化した皮膚の角質が増殖され飛び出してできたもので、紫外線が影響しているそうです。
老化の現れもあり早めにイボを除去し、除去したあとは再発しないようにしっかりケアしたいと思いました。


Posted in カテゴリ【イボ】 | No Comments »

Leave a Comment