現代の動物共生について考える

Written by Wilson Cham on 2012-01-12 -

ここ最近、テレビ番組では動物を取り上げたバラエティが多くなったと感じる。

番組の内容は犬や猿などの動物と旅をしてみたり、何かに挑戦してみたりとさまざまである。

動物はとても愛らしく、番組を見ているこちらも何だか心がほっこりとし、楽しめる。

また、飼い主とそのペットの生涯をまとめたドキュメンタリーなどもあったりする。

そのとキュメンタリーを見た時は飼い主がペットを失う寂しさや今まで一緒に過ごしてきた楽しい日々を振り返り、感動から涙が止まらなくなったりすることもある。

動物看護師・トリマー・ドッグトレーナーを目指すなら【中央動物専門学校】

そのような番組を見る度に感じるのだが、私たちは動物共生しているのだ。

動物を通じて命の大切さを感じることもあるし、自分を頼りにしている、信頼してくれる誰かがいることを感じることができるのだ。

動物共生について考えているとある動物専門学校には動物共生研究科という学科があることを知った。

一体どんな学科なのだろうか。

そこの生徒たちはどのようなことを学んでいるのか私は興味を抱いた。

動物共生研究科では正しい動物の七期と、動物と人間の間に起こる様々な問題に対応できる。

また、動物と人間が住み良い環境をつくることができるコーディネーターを育成しているそうだ。

悲しいことだが動物虐待をする人がいたり、ペットを捨ててしまう人がいることも事実なのだ。

生徒たちは動物のしつけについても学び、動物にも人間社会のルールを教えて行くそうだ。

このようなコーディネーターたちが活躍し、動物と人間がより良い環境で共に生きて行くことができるようになれば嬉しい。


Posted in カテゴリ【動物共生】 | No Comments »

Leave a Comment