子供の英語学習で学ぶこと、英語は成績の尺度でなく、コミュニケーションツールなのです。

Written by Wilson Cham on 2014-01-22 -

日本人に英語が難しく感じられる理由の一つは、日本でも多くの人が英語を学んでいるからである。

子供の頃からお互い英語の成績と英語力を持って比較されながら育ってきたので、英語をしながら、常に他人を意識するようになります。

日本では英語がコミュニケーションのためのツールではなく、人を評価する尺度である事が現状です。

だから一部の人は、外国人といる時はそれなりに英語でコミュニケーションを取ろうとしながらも、会議で日本人に挟まれたり、周辺に日本人が見ていると、突然超緊張モードになってしまいまったく口を閉めてしまうことがあります。

でたらめ発音と文法的にカタコトの英語を使うことは、英語を学ぶすべての人が経なければならないプロセスであります。

この世界は、口をぎゅっと閉じているような人がある日突然完璧な英語を流暢に喋れるようになることはないです。

ネイティブスピーカーは、小さな子供の時から年を取りながら英語を学んでいます。

学習開始したときには、でたらめ英語で自分の意思を表現し始めていたことでしょう。

私たちは、このような過程を経ずにいきなり流暢ネイティブレベルの英語が私たちの口から飛び出して出てくることを期待してしまいます。

外国人にいきなり「How are you?Fine。

Thank you、and you?」と声をかけという言葉ではありません。

日本で子供のころから高等教育を受けて、ある程度、英語の単語も少し知って文法も表現もちょっと知って一通りであっても、自分が言いたいことをすることができる状態であれば、他人と比較したり、人を意識せずに、コミュニケーションのための英語を使おうと考えるとよいです。

英語を他人と比較する尺度ではなくコミュニケーションのためのツールとして考えるということです。

私が知っている事例の中で、短期間で英語を話す力が爆発的に向上したという実例は、この自意識を克服した場合でした。

つまり文法や読解力は優れて試験英語は良い成績持つ人が、過剰自意識のために困難な表現を困難語彙で表現しようとして言葉がもつれ、恥ずかしくて言葉を続けることができなかった。

コミュニケーションの機会があっても口を閉ざしてしまたのでは意味がありません。

子供レベルの英語でもコミュニケーションにのみ集中して言いたいことを言えるようになると、会話の機会があるたびに、より英語を多く使うようになり6ヶ月程度経過すると、見違えるように言葉が増えました。


Posted in カテゴリ【子供】 | No Comments »

Leave a Comment