正しいにきび治療を理解する

2011-01-04ブログテーマ《にきび治療》 by Wilson Cham

にきび治療の前に、にきびが出来る原因を知っておきましょう。
にきびが出来る原因は、肌の状態や体調が一人ひとり違うということ、また、いくつもの要因が絡み合っているため、ひと言で断定することは出来ません。
にきびに困っている人の数だけ、原因があるとも言えます。
では、ニキビが作られる時、肌はどんな状態なのでしょうか。
まず皮脂の分泌が盛んになり、それによって皮脂が毛穴に詰まります。
そして毛穴に詰まった皮脂によってアクネ菌が増殖する、これがにきびが出来るメカニズムです。
あなたがニキビに気づいたのはいつでしょうか。
ほとんどの方が、「肌にポツンと出来た時」と答えるかもしれません。
ところが、ポツンと肌にあらわれる以前に、すでにニキビは出来ています。
それは、微小面ぽうと呼ばれる、皮脂が毛穴につまりはじめた状態。
目に見えないくらい小さなものです。
まだ炎症は起きていない段階ですが、目に見える段階(面ぽうと呼ばれる白ニキビや黒ニキビ)、さらには炎症性の赤ニキビへと、放っておくと進行してしまうのです。
つまり、にきび治療は、にきびが出来る前から始めるものなのです。
にきびを作りたくない、悪化させたくないのなら、肌にいいことをすすんで取り入れましょう。
以下ににきび治療の基本を紹介します。
まず、大切なのは肌を清潔に保つこと。
汗をかいたらすぐ拭き取り、洗顔を。
でも、洗いすぎは肌に必要な水分や脂分を奪ってしまう可能性もありますので、注意が必要です。
刺激を与えないよう、優しく丁寧に洗顔しましょう。
さらに、洗顔後のスキンケアにも配慮が必要です。
油分の多いクリーム類などは避けたいところです。
化粧水などでの水分補給はしっかりして、肌の健やかさは保ちましょう。
にきびのみならず、全ての病気に共通していることですが、一番大切なことはバランスのとれた食事、しっかりとした睡眠、適度な運動からなる規則正しい生活です。
まずは、規則正しい生活を目指しましょう。

Leave a Reply