ホクロ除去に関する調査

2011-09-20ブログテーマ《ホクロ除去》 by Wilson Cham

実は、私自身もホクロ除去を考えている一人です。

生まれた時からあって、結構大きいんです。

これまで数回皮膚科で診てもらいました。

取ってもいいかもしれないと言われ、数年経ちます。

ホクロとはメラニン色素を含む細胞が皮膚の一か所に集まった母斑の一種だそうです。

このホクロを除去する方法は数種類あります。

レーザー治療、切除縫合手術、くり抜き法、電気凝固法、漢方クリームなどがあります。

でも漢方クリームは、国内の病院では使用、販売をしていないようです。

残念・・・。

一番痛くなさそうなのになあ~。

ホクロ除去をしてくれるのは、皮膚科や美容外科、形成外科などです。

まずは、ホクロが良性なのか悪性なのかという診断をしてもらうところから始まるようですね。

妊娠中の方、高血圧、日焼けしている人、皮膚の状態や持病などによってホクロ除去ができない場合もあるようです。

ホクロで怖いのは、皮膚がんであるメラノーマだったらどうしようという不安。

見分け方は、色が黒い、痛みがある、表面に凹凸があるなどで、このメラノーマは刺激を与えると転移してしまうそうです、間違って除去してしまうと、大変なことになりますね。

ところで、ホクロ除去には保険適用になるのでしょうか。

調べたところ、ホクロ除去の目的が、「治療」なのか「美容」なのかで変わってくるようです。

また、無条件に保険適用とする病院もあるようです。

経済的負担を考えると、事前の調査は必須ですね。

Leave a Reply